手形の裏書とは

手形の裏書とは

手形は、満期日(支払期日)が到来した時に、その券面を持っている人が手形の振出人に対し券面を呈示して支払いを求め、現金を入手することができる有価証券です。
ただし、満期日の前でも、第三者へ譲渡することで資金化することができます。

そういった仕組みから、手形は、満期日を迎えるまで、人から人へと転々と譲渡されることがあります。
人から人へ譲渡されるときに行わる手続きが「手形の裏書」です。

手形の裏書は、手形を所持した人の履歴

具体的には、手形の裏面に「表記金額を下記被裏書人またはその指図人へお支払下さい」という文章(裏書文句)と、譲渡する相手(被裏書人)の名前を書いて、譲渡する人(裏書人)が署名・捺印して、その手形を被裏書人に渡します。

実際には、裏書欄や裏書文句は印刷されていますので、それ以外の項目を所定の欄に記入すれば手続きは完了します。手形が転々と流通すると、その流通した通りに裏書がなされることになり、その手形を所持した人の履歴ができあがります。

裏書の注意点として、裏書文句に条件を付けることはできません。
条件を付けても裏書自体は有効ですが、付けた条件に効力はありません。
また、手形金額の一部だけを譲渡する一部裏書は認められておらず、そのような裏書をすると、裏書そのものが無効になります。

手形の裏書には3つの効果

手形の裏書をすると次のような効力が発生します。

1.権利移転効力

裏書をすると、手形上の権利が裏書人から被裏書人に移転します。つまり、振出人に手形金額を請求する権利が裏書によって次の人に移ります。

2.担保効力

本来、支払いをすべき人(約束手形の振出人、為替手形の引受人)が支払うことができなかった場合に、全ての裏書人は手形を所持する人に対して支払いをして手形を受け戻す償還義務があります。つまり、最終的にその手形を所持する人は、振出人から請求するはずの金額を、変わりに裏書人のいずれかの人から請求することができます。この効力によって、安心して手形を譲り受けることができるようになり、手形が流通する仕組みの支えとなっています。

3.資格授与効力

裏書の連続する手形を持つ人は、手形上の適法な権利者と推定されます。
裏書の連続とは、受取人が第一裏書人となり、第一裏書の被裏書人が第二裏書人となり、第二裏書の被裏書人が第三裏書人…となって、現在の所持人まで裏書が途切れずに続いていることをいいます。
つまり、裏書の連続する手形を呈示すれば、自分が正当な権利者であることをそれ以上証明する必要なく、手形金額の請求、取立てができます。

初めて手形割引をご利用される方はご相談ください。
詳しくはこちら> 手形割引について

このページのトップへ
お電話でのお問合わせ 塚越商事 03-3241-4477

インターネットからのお問合わせはメールフォームを
ご利用ください。

お問合わせフォーム

下記ボタンをクリックしてお問合わせ用紙をダウンロード
してください。

お問合わせ用紙
コラムメニュー
手形とは?
手形割引とは?
でんさいとは?

手形割引

割引金利年率3.60%~

大手企業はもちろん中小企業の手形まで幅広く割引のご相談にお応えさせていただきます。

2018年1月現在
当社標準割引利率

■ 上場銘柄・店頭銘柄
 年率 3.60 % ~ 6.00 %
■ 非上場銘柄(優良銘柄)
 年率 6.00 % ~ 8.00 %
■ 非上場銘柄(その他の銘柄)
 年率 8.00 % ~ 13.80 %

お気軽にお問合わせください。

TEL03-3241-4477 受付時間 午前9:00~午後5:30 FAX03-3241-3806
取引与信調査

このサイトはThawte Degital Certificateを使用して保護されており、お送りいただくお客様の情報は暗号化され、改竄・漏洩することが無い ことを保証いたします。

貸金業登録番号
東京都知事(12)第00833号
日本貸金業協会会員
第000730号
(社) 東京ビルヂング協会会員

手形割引は企業間の商取引では欠かせない取引方法となっています。

現金での支払いであらゆる取引を済ませることはできませんので、手形を使った支払いを避けて通るわけにはいかないものです。

代金の支払い時に手形を受け取った場合、その手形の支払の期日を待って、金融機関から直接の支払いを受けることもできるでしょう。

それでも、やはりできるだけ早く代金の回収はしたいものですし、それ以外にも手形割引のメリットははかり知れません。

そして、手形割引をやることになったときに一番気になるのは、やはりその金利でしょう。割引料は安いに越したことはありません。

また、手形に慣れていない企業はトラブルに巻き込まれてしまうことがあるようですので、注意が必要です。

もともと手形には、危険がつきものだといわれていますが、手形割引を生業としている業者に対してもまた、危険を感じる企業が増えているかもしれません。不当な金利を定めるといった一部の業者がいるために良心的な業者まであおりを受けているのですが、当社のような低利での手続きに慣れている専門の会社にご依頼くだされば満足のいく金利での現金化が可能になります。

手形割引はぜひ当社、塚越商事にご相談ください。