手形割引業者と銀行の違い

手形は通常、満期日にならなければ資金化できません。ただし、満期日前でも、第三者へ裏書譲渡することで資金化できます。これを手形割引といいます。
手形割引を行う場合、満期日までの利息や手数料がかかるため、実際に得る金額は手形の金額より少なくなります。
この手形割引を依頼できる先には、「銀行」と「手形割引業者」があります。

銀行と手形割引業者の根本的な違いは、手形の割引にあたって前者は「手形の割引を依頼した人(割引依頼人)」の信用状況を重視しますが、後者は「手形を発行した人(手形振出人)」の信用状況を重視して取引することです。
それを踏まえて、どちらを使えばよいのかを見ていきましょう。

ハードルの高い銀行、コストの高い手形割引業者

手形割引を依頼する人(会社)の財務内容が良く、信用度に問題がなければ自社のメインバンクなど取引のある銀行に依頼する方が良いと考えられます。
一般的に、手形割引業者よりも金利が低く、日ごろの取引状況や定期預金の金額によってはさらに低い金利が適用されることもあります。

デメリットとしては、手形取引約定書を交わすなどの手続きが必要であること、現金化に数日かかる場合があること、割引枠の上限額が設定されていることなどが挙げられます。

そして、自社の財務内容や信用度によってメインバンクなどの取引銀行であっても手形割引に応じてもらえない場合があります。
また、そもそも取引のない銀行では多くの場合応じてもらえません。

次に手形割引業者に依頼する場合のメリット、デメリットを見てみましょう。
手形割引業者は手形振出人の与信を重視するため、銀行の審査に通らなかった会社でも、多くの場合割引が可能になります。
また、手続きも簡単で即時資金化が可能です。

一方、金利が銀行と比べると高めに設定されています。そのため、銀行よりも受取額が少なくなるというデメリットがあります。

まとめると、手続きが簡素で現金化までの流れがスピーディーだが、コストがかかる手形割引業者と、審査のハードルが高く、手間はかかるが手数料は安い銀行になります。
状況に合わせて使い分けるとよいでしょう。

万一のことも考えて! 手形割引業者の選び方

手形割引には注意しなければならない点があります。手形割引で資金化した手形が不渡りになった(手形振出人が支払いをできなかった)時には、銀行や手形割引業者は、割引依頼人に手形の買戻しを求めます。その結果、損害を被るのは割引依頼人です。
そうならないためにも、不渡りになる可能性がある手形は受け取らないようにすることが大切です。

事前に手形振出人の財務状況等をしっかりと調査してから割引に応じる業者へ依頼するとよいでしょう。
合わせて、手形振出人との取引を成立させる前に調査を依頼することをおすすめします。

他にも手形割引業者を選ぶ際には、手形割引業に必要な貸金業の登録を確認しましょう。また、古くから営業している業者の方が信頼のできる業者といえます。
営業年数は貸金業登録番号に付いている更新の回数を参考にしてください。
貸金業の登録は3年更新なので、例えば、(11)とあれば、33年近くその業を続けている会社として認識することができます。

当社は1900年に会社を設立し、銀行など金融機関を除く「事業者向け金融業」において会社設立による業歴が日本で一番古い会社です。手形割引はもちろんのこと、振出人の与信調査も無料で行っておりますので安心してご利用ください。

初めて手形割引をご利用される方はご相談ください。
詳しくはこちら> 手形割引について

このページのトップへ
お電話でのお問合わせ 塚越商事 03-3241-4477

インターネットからのお問合わせはメールフォームを
ご利用ください。

お問合わせフォーム

下記ボタンをクリックしてお問合わせ用紙をダウンロード
してください。

お問合わせ用紙
コラムメニュー
手形とは?
手形割引とは?
でんさいとは?

手形割引

割引金利年率3.60%~

大手企業はもちろん中小企業の手形まで幅広く割引のご相談にお応えさせていただきます。

2018年1月現在
当社標準割引利率

■ 上場銘柄・店頭銘柄
 年率 3.60 % ~ 6.00 %
■ 非上場銘柄(優良銘柄)
 年率 6.00 % ~ 8.00 %
■ 非上場銘柄(その他の銘柄)
 年率 8.00 % ~ 13.80 %

お気軽にお問合わせください。

TEL03-3241-4477 受付時間 午前9:00~午後5:30 FAX03-3241-3806
取引与信調査

このサイトはThawte Degital Certificateを使用して保護されており、お送りいただくお客様の情報は暗号化され、改竄・漏洩することが無い ことを保証いたします。

貸金業登録番号
東京都知事(12)第00833号
日本貸金業協会会員
第000730号
(社) 東京ビルヂング協会会員

手形割引は企業間の商取引では欠かせない取引方法となっています。

現金での支払いであらゆる取引を済ませることはできませんので、手形を使った支払いを避けて通るわけにはいかないものです。

代金の支払い時に手形を受け取った場合、その手形の支払の期日を待って、金融機関から直接の支払いを受けることもできるでしょう。

それでも、やはりできるだけ早く代金の回収はしたいものですし、それ以外にも手形割引のメリットははかり知れません。

そして、手形割引をやることになったときに一番気になるのは、やはりその金利でしょう。割引料は安いに越したことはありません。

また、手形に慣れていない企業はトラブルに巻き込まれてしまうことがあるようですので、注意が必要です。

もともと手形には、危険がつきものだといわれていますが、手形割引を生業としている業者に対してもまた、危険を感じる企業が増えているかもしれません。不当な金利を定めるといった一部の業者がいるために良心的な業者まであおりを受けているのですが、当社のような低利での手続きに慣れている専門の会社にご依頼くだされば満足のいく金利での現金化が可能になります。

手形割引はぜひ当社、塚越商事にご相談ください。