手形の現金化の流れ

手形の現金化の流れ

手形を現金化するためには、支払いを行う金融機関(通常は銀行)に手形を見せる必要があります。これを「呈示」といいます。
手形に記載されている期日を含めて3営業日までに呈示を行う必要があります。この3日間に銀行の休業日がある場合は、休業日の日数分、支払い期間が延長されます。3日間の支払い期限内に手形を呈示しなかった場合、決済できなくなりますので、手形を受け取ったら必ず期日を確認しておきましょう。
この際注意しなければならないのは、支払い銀行が遠隔地にある場合、手形交換を行うための手形の郵送期間も期限の3日間に含まれているという点です。
郵送日数を含めると、期限の3日を過ぎてしまう可能性がありますので、できるだけ早く取立依頼を行ったほうがよいでしょう。

手形の取立

手形が実際に現金化されるまでの流れを見ていきましょう。
手形を決済するためには、期日までに支払いを行う金融機関(銀行)に呈示する必要があります。
企業間の取引の場合、企業同士が遠く離れた場所にあり、支払いを行う銀行に行くことが難しい場合があります。その場合、自分が口座を持っている取引銀行に手形を持ち込み、決済を依頼することになります。
銀行に手形を持ち込んで、現金の支払いを依頼することを「取立の依頼」といいます。取立を依頼した銀行には取立手数料を支払う必要があります。
なお、銀行によっては、依頼をした手形を期日まで管理し、期日がきたら自動的に取立を行うサービスがあります。手形を紛失すると支払いを依頼できなくなるため、こうしたサービスを利用するのもひとつの手です。

手形の交換

手形の取立を依頼された銀行は、2つのケースに分けて取立を行います。
1つ目のケースは、取立を行う銀行と支払いを行う銀行が異なる場合です。この場合、銀行に持ち込まれた手形は、全国にある手形交換所と呼ばれる場所に持ち込まれます。
手形交換所には様々な銀行から手形が持ち込まれ、支払いを行う銀行へ手形が交換されます。手形交換所に手形が持ち込まれた時点で、支払いのための呈示が行われたと見なされます。

もう1つのケースは、取立を行う銀行と支払いを行う銀行が同一の場合です。この場合は、銀行内で支払い処理が行われるため、手形交換は不要です。

手形の決済

手形は手形交換所で支払いを行う銀行に渡されます。手形を受け取った銀行は、手形が不渡りになっていないかを確認した後、手形に記載された金額を受取人の口座に振り込みます。これで手形の現金化が完了します。

手形の現金化までにかかる日数

多くの場合、手形は手形交換所に持ち込まれることになります。また、銀行に取立を依頼しても、その日に手形交換所に持ち込まれるとは限りません。
支払いを行う銀行が不渡りの確認を行うことも含めると、実際に入金されるまでに最短でも3営業日はかかると考えておきましょう。

初めて手形割引をご利用される方はご相談ください。
詳しくはこちら> 手形割引について

このページのトップへ
お電話でのお問合わせ 塚越商事 03-3241-4477

インターネットからのお問合わせはメールフォームを
ご利用ください。

お問合わせフォーム

下記ボタンをクリックしてお問合わせ用紙をダウンロード
してください。

お問合わせ用紙
コラムメニュー
手形とは?
手形割引とは?
でんさいとは?

手形割引

割引金利年率3.60%~

大手企業はもちろん中小企業の手形まで幅広く割引のご相談にお応えさせていただきます。

2018年1月現在
当社標準割引利率

■ 上場銘柄・店頭銘柄
 年率 3.60 % ~ 6.00 %
■ 非上場銘柄(優良銘柄)
 年率 6.00 % ~ 8.00 %
■ 非上場銘柄(その他の銘柄)
 年率 8.00 % ~ 13.80 %

お気軽にお問合わせください。

TEL03-3241-4477 受付時間 午前9:00~午後5:30 FAX03-3241-3806
取引与信調査

このサイトはThawte Degital Certificateを使用して保護されており、お送りいただくお客様の情報は暗号化され、改竄・漏洩することが無い ことを保証いたします。

貸金業登録番号
東京都知事(12)第00833号
日本貸金業協会会員
第000730号
(社) 東京ビルヂング協会会員

手形割引は企業間の商取引では欠かせない取引方法となっています。

現金での支払いであらゆる取引を済ませることはできませんので、手形を使った支払いを避けて通るわけにはいかないものです。

代金の支払い時に手形を受け取った場合、その手形の支払の期日を待って、金融機関から直接の支払いを受けることもできるでしょう。

それでも、やはりできるだけ早く代金の回収はしたいものですし、それ以外にも手形割引のメリットははかり知れません。

そして、手形割引をやることになったときに一番気になるのは、やはりその金利でしょう。割引料は安いに越したことはありません。

また、手形に慣れていない企業はトラブルに巻き込まれてしまうことがあるようですので、注意が必要です。

もともと手形には、危険がつきものだといわれていますが、手形割引を生業としている業者に対してもまた、危険を感じる企業が増えているかもしれません。不当な金利を定めるといった一部の業者がいるために良心的な業者まであおりを受けているのですが、当社のような低利での手続きに慣れている専門の会社にご依頼くだされば満足のいく金利での現金化が可能になります。

手形割引はぜひ当社、塚越商事にご相談ください。